備えの基本

冬に起こる地震の備え【寒さを凌ぐ防災グッズの準備が重要】

1995年に発生した阪神・淡路大震災は、寒さも厳しい1月17日の冬場でした。

また、2011年に発生した東日本大震災においても、3月11日という寒さも残る冬の時期です。

地震はいつ、どこで、どの季節に発生するかを予測することはできません。

ただ、冬場に発生する可能性は過去の事例から見ても十分考えられます。

冬の地震は寒さの影響と重なるため、広域にわたり被害が拡大すると言われています。

特に、寒さや雪が厳しい豪雪地帯で地震が発生すると、被害の拡大は想像に難くないです。

そのため、冬場の地震を想定した防災グッズを備えることが重要です。

そこで、冬の地震に備えておきたい防災グッズについての情報をご紹介していきます。

なお、冬場の地震に防災グッズを備えるべき理由もご説明していますので、ぜひご参考にしてください。

冬の地震発生を想定して防災グッズを備えるべき理由

冬の地震は他の季節とは違い、雪や寒さが影響して被害が拡大する恐れがあります。

例えば、地震後に発生しやすい二次災害の一つ、「ライフラインの寸断」が起こると非常に危険です。

ライフラインが寸断することで、地震とは直接関係のない災害関連死で亡くなることも考えられます。

そのため、適した防災グッズを備えることが重要なのですが、なぜ備えるべきなのかをさらに詳しくご説明していきます。

ライフラインが停止すると暖房器具が使えない

まず、ライフラインが寸断すると電気の供給がストップしてしまうので、冬場に必須な暖房器具を使用することができません。

暖かい服を着こむことで多少は寒さを凌ぐことはできます。

ただ、空間自体を温める暖房器具が使えないと、生活に厳しい地域もあるので問題です。

もし、体を温めることができずに寒さを我慢しすぎると、「低体温症、凍傷、インフルエンザ」などの症状を引き起こす可能性があります。

このとき、すぐに停電が復旧すれば安心できるのですが、地震の影響次第では難しい場合もあるんです。

例えば、上記は私が被災した、阪神・淡路大震災におけるライフラインの復旧に必要とした日数です。

電気6日、ガス84日、水道90日の日数を必要としました。

もちろん、地域によって復旧までの時間は異なっています。

ですが、地震によってライフラインが寸断すると、すぐには復旧しないということを理解しておくことが重要です。

そのため、冬場の地震に備えた防災グッズを用意しておくことはとても大切です。

避難所での生活も厳しい

地震による被害状況によっては、自宅を離れて避難所で生活せざるを得ないときもあります。

このとき、避難所で最低限の生活ができる防災グッズを用意しておかなければ、厳しい状況の中で避難生活を続けなければならないこともあるのです。

例えば、避難所には基本的に災害用の備蓄品や設備が備えられていますが、必ずしも充実しているわけではありません。

中には寒さを凌ぐ暖房設備が備えられていない避難所もあるのです。

当然ながら、避難所に暖房設備が備えられていなければ、寒さの中で生活せざるを得ません。

なお、ある程度の備蓄品や暖房設備が整えられた避難所であっても、多くの被災者が避難をしてきた場合は数が足りないこともあります。

そのため、冬の地震に備えた防災グッズを事前に用意しておかなければ、寒い中で避難生活をしなければならず、低体温症やインフルエンザを発症してしまうリスクも高くなってしまうのです。

豪雪地帯では食料品を手に入れるのも困難

日常生活で消費する食料品とは別に、災害用の保存食を備えておくことはとても重要です。

特に、ライフラインが寸断すると電気、ガス、水道が使用できないので、調理ができずに食べることができないことがあります。

このとき、多くの人はお店で簡単な食べ物や飲み物を購入しようと考えます。

ただ、既に多くの人がお店に殺到しており、生活に必要な食料品はほぼ売り切れてしまうのです。

これについては阪神・淡路大震災で私も確認しており、東日本大震災、熊本地震などでも実際に起きていました。

なお、豪雪地帯にお住まいの場合は、そもそもお店までたどり着くことができない可能性が高いです。

なぜなら、停電によって主要道路の「消雪パイプ」が停止して、雪によって道が埋もれてしまうことがあるからです。

また、除雪車も災害時には緊急を要する箇所に集中して除雪が行われる場合があり、とても車や徒歩ではお店まで行くことができないこともあります。

冬に地震が発生すると、このような影響も十分考えられるので、食事や水分補給に困らない防災グッズの備えをしておくことが重要です。

冬の地震発生に備えておきたい防災グッズ

冬場に地震が発生すると、その後の生活で様々な影響を及ぼします。

特に、ライフラインの寸断が発生してしまうと、復旧するまで寒さの中で生活をしなければいけません。

こうした状況を少しでも改善するために、冬場の地震に適した防災グッズを備えておくと安心です。

そこで、どのような防災グッズを用意しておくべきかをご紹介していきます。

一般的な防災グッズとあわせて備えておくと役立つので、ぜひご参考にしてください。

保存食、飲料水

地域によっては雪が影響してお店まで行くことができない場合があります。

仮にお店にたどり着けても、既に人が殺到しており飲食物が手に入らないことも災害時には普通に起こります。

そのため、無理に買い出しに出かけなくても食事や水分補給ができるように、保存食や飲料水を備えておくことが重要です。

例えば、災害用として作られているアルファ米を用意しておくと、水を入れるだけで食べることができます。

飲料水については、長期保存できる保存水を備えおくと安心です。

なお、冬場の地震は寒さと雪が影響して、物流の再開や支援物資の提供が遅れがちになります。

そのため、3日間以上は飲食に困ることのない量を備えておくことが大切です。

簡易トイレ

停電や断水が起きると、当然ながらトイレの水を流すことができません。

ですが、トイレは人間が生きるために必要不可欠です。

そのため、水を使わなくても使用できる「簡易トイレ」を備えておくと安心です。

簡易トイレを用意しておくことで、わざわざ寒い中に仮設トイレの設置場所まで行くことや、利用待ちの長蛇の列に並ぶ必要もありません。

ご家庭のトイレに設置するだけですぐに使えるので、必ず備えておくべき防災グッズです。

寝袋、毛布

寝袋や毛布を用意しておくと、自宅、避難所問わずに暖かくして眠ることができます。

冬の寒さの中では暖かくして眠らないと、体調不良を引き起こす原因となります。

地震後は医療機関への受診が難しくなる傾向にあるので、寒さが影響して体調不良になることを防ぐよう、寝袋、毛布を防災グッズの一つとして備えておくと安心です。

なお、携帯できる「使い捨てカイロ」を準備しておくことでも、身体の冷えやすい箇所を温めることができるのでおすすめです。

懐中電灯、LEDランタン

停電中は電気をつけることができないため、暗い中で移動や生活をすることになります。

ただ、冬場に停電すると辺り一面真っ暗で、とても安全に行動することはできません。

そうしたときに「懐中電灯」と「LEDランタン」を備えておくと、周囲や部屋全体を明かりで照らすことができます。

明かりがあるのとないのとでは生活の仕方が大きく変わるので、用意しておくことをおすすめします。

なお、LEDランタンの他にもガスやガソリンランタンがあるのですが、素人には扱いが難しいのでおすすめはできません。

特に、使い方を誤ると火災や一酸化炭素中毒になる可能性があるので、素人でも安全に使えるLEDランタンを用意しておくと安心です。

カセットコンロ、カセットボンベ

地震の影響でガスが使えなくても、「カセットコンロ」を備えておくと温かい食事をとることができるようになります。

特に冬場は体が冷えてしまうので、温かい食事をとって全身を温めることが重要です。

このとき、カセットコンロを準備しておくと、先ほどご紹介をしたアルファ米やインスタント食品に熱湯を注ぐことができます。

もちろん水さえあれば、レトルト食品を温めることも可能です。

カセットコンロを備えておくと食事のバリエーションが豊かになるので、冬場の地震に備えた防災グッズとして1台備えておくことはほぼ必須です。

なお、「ガスボンベ」の燃焼時間はメーカーによって若干異なりますが、強火で約1時間程度です。

そのため、6~12本を備えておくと比較的安心できます。

ポータブル電源

冬場の停電対策としてポータブル電源を備えておくと、様々な家電製品の電力供給に使用することができます。

ポータブル電源の種類によって能力は異なりますが、テレビ、スマートフォンの充電、炊飯器、電気ケトルなどに電気を供給することが可能です。

地震によって停電が起こると、被害の規模によってはすぐに復旧はされません。

例えば、阪神・淡路大震災では260万戸の停電復旧に6日間、東日本大震災においては400万戸超えの停電復旧までに7日間ほど時間がかかっています。

それ程の日数を冬の寒さに耐えながら生活することは現実的ではありません。

そのため、1台は備えておくと、地震だけでなくどのような災害からでもあなたや家族の助けとなってくれます。

自宅から避難をする際に注意しておくべきこと

冬場に地震が発生して自宅から避難をする際に、事前に注意しておきたいポイントがあります。

特に気温の低い地域ではよくあることなので、安心して避難ができるようにぜひチェックをして備えてください。

屋根に積もった雪に巻き込まれないよう注意

豪雪地帯では、一夜にして屋根に30㎝以上の雪が積もることは珍しくありません。

このとき、地震の影響で屋根から雪が落ちたり、通路が塞がれてしまうことがあります。

そのため、地震発生後に自宅から避難をする際には、頭上に気をつけながら避難をすることが重要です。

また、どのような場所に雪が落ちて通路を塞ぎやすいのかも、日頃からよく確認をして調べておくと安心です。

避難時にブレーカーを落とし、ガス栓を閉める

冬場では寒さを和らげるために、暖房器具を使用しているご家庭は少なくありません。

ただ、冬場に発生する地震によって停電が発生すると、暖房器具の電源は入ったまま切れてしまうことになります。

このとき、暖房器具の電源がONの状態のまま避難をしてしまうと、復旧した際に再び動作して火災へつながることがあります。

事実、阪神・淡路大震災では暖房器具による「電気火災」が起き、多くの建物が延焼しました。

そのため、自宅から避難をする際にはブレーカーを落とし、ガス栓も閉めておくと火災リスクを抑えることができるので安心です。

車中泊をするなら一酸化炭素中毒に注意

地震後に自宅から避難をするとき、避難所ではなく車中泊を選ぶ方がいます。

「車の方が安心」「プライバシーが守られる」「ペットがいる」などの理由により、車中泊を選ぶのです。

ただ、冬場の車内は常時暖房をつけていなければ、気温が低くなるので生活しづらくなります。

そのため、眠るときもエンジンをかけたままにする人がいるのですが、一酸化炭素中毒になる恐れがあるので危険です。

エンジンの排気ガスには有毒な一酸化炭素が含まれているからで、もしマフラーが雪で覆われてしまうと、車内に一酸化炭素が充満してしまうのです。

なお、一酸化炭素は無色・無臭なので気付くことができず、最悪死に至ります。

そのため、眠るときは必ずエンジンを切り、雪が降る地域ではマフラーが塞がれないように注意をすることが重要です。

冬場の地震に備え、適切な知識と防災グッズを用意しておく

冬場に地震が発生するとライフラインが寸断することがあり、暖房器具を使えない状態で生活せざるを得ないことがあります。

また、調理器具が使用できずにご飯を作れなかったり、水道が止まり飲み水に困ることもあるのです。

こうしたことを防ぐために、冬の地震に適した防災グッズを備えておくことが重要です。

地震はいつ、どこで、どの季節に起こるかは分からないため、冬に発生するとは断言できません。

ただ、私が経験した阪神・淡路大震災は冬場に発生したため、毛布にくるまりながら外で夜が明けるのを待ち続けました。

当時、私の家では防災グッズなど備えていなかったので、厚着の服や毛布のみが体を温める唯一の手段だったのを覚えています。

ですが、事前に適した防災グッズを用意しておくだけで、違う手段で体を温めたり、また温かい食事もとることもできます。

あなたや家族の身を守るためにも、ぜひ本記事を参考に危険なポイントを把握し、冬場に適した防災グッズを備えてみてください。

地震に備えて防災グッズを購入しようとするとき、調べると防災グッズを扱う会社はたくさんあります。

このとき、会社によって防災グッズの中身は異なるので、適当に選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

そのため、優れた防災グッズを扱う会社を選ぶことはもちろんのこと、家族構成や住居に応じた防災グッズを選ぶことが大切です。

ただ、どのような防災グッズを選べばいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そこで、以下のページではあなたや家族の助けとなる防災グッズの特徴を解説しているため、それぞれの違いを確認しながら選ぶことができます。

地震に備える防災グッズ情報