備えの基本

地震に備える水の量【1人1日3ℓを目安に3日分を確保】

大きな揺れを観測する地震が発生すると、ライフラインが寸断され水道が使えなくなることがあります。

このとき、被害が広範囲に及ぶと水道の復旧には1週間、あるいはそれ以上はかかると考えておく必要があるのです。

しかし、それほどの期間水のない状態で生活することはできません。

例えば、水は洗濯・手洗い・お風呂など、さまざまな場面で使用する欠かせない存在だからです。

特に、人間は水を飲まなければ生きることができないため必ず必要となります。

そのため、地震が発生すると水道が使えなくなると想定し、事前にある程度の水を備えておくことが重要です。

ただ、水はどれくらいの量を何日分備えればいいのかと悩まれる方がいるかもしれません。

結論からお伝えすると、最低でも1人1日3リットルを目安に3日分です。

もちろんこれには理由があります。

そこで、地震に備える水の量は「なぜ1人1日3リットルを目安に3日分なのか」を、事前に知っておきたいポイントと一緒にご紹介をしていきます。

地震に備える水の量は、1人1日3リットルを目安に3日分確保する

冒頭でお伝えした通り、地震に備える水の量は、「1人1日3リットルを目安に3日分」は確保することが重要です。

これについては、内閣府の防災情報ページにも水は「1人当たり1日3リットル、計9リットル」と記載されています。

ですが、水の摂取量は必ず1日3リットルと言う明確な根拠があるわけではありません。

ただ、欧米が行った水分補給についての研究結果によると、「人間は1日に2.3リットル~2.5リットル程度の水を摂取する必要がある」と推定されています。

こうした研究結果や政府が1日3リットルの備えを推奨していることから、地震などの災害時に備える水の量は「1人1日3リットルを目安に3日分」と言われているのです。

なお、備える水の計算方法について、4人家族の場合は以下のようになります。

4人家族の場合
4人×3リットル×3日分=36リットル
36リットルを2リットルの水に置き換えると18本必要

このように計算し、家族構成に合った本数を備えておくと安心です。

ただ、「なぜ3日分も確保しておく必要があるの?」と疑問に思う方がいるかもしれません。

これについて、人間の体の仕組みを含めながらご紹介をしていきます。

人間にとって水は必要不可欠

人間は水分を補給しなければ生きることができません。

つまり、人間にとって水は生命を維持するために必要不可欠ということです。

これについて簡単にご説明をすると、人間の体の約50~80%が水分でできていることが関係をしています。

実は、体内にある約50~80%の水分が体の隅々まで循環することで、人間に必要な酸素と栄養を得ることができているんです。

また、体内にある水分は体温を調整する役割も持っています。

これらは、水分を補給することで体内の水分を維持できるからこそ成り立つ仕組みです。

そのため、人間が生きるために水が必要となるのです。

なお、人間は食事をとることができなかったとしても、睡眠と水分補給をすることで約2~3週間は生きることができると言われています。

ただ、1滴も水を飲むことができなければ、約4~5日しか生命を維持することができません。

夏場のような暑い時期であれば、更に短い日数しか生きることができない可能性もあります。

これは、体内の水分が減って酸素や栄養が体の隅々まで循環しきれず、また体温の調整も困難となるからです。

ちなみに、体内から水分が約1%損失することでのどが渇き、約2%の損失でめまいや吐き気などの症状を引き起こします。

そして、約10%の損失でけいれん、約20%の損失で死に至るようです。

これらを参考に、もし地震によって水を確保できない状況になると、当然ですが命にかかわります。

こうした状況を避けるために、水は必ず備えておく必要があるのです。

お店から水が売り切れる

地震の影響により水道が使えなくなった場合、スーパーやコンビニなどの水はすべて売り切れてしまいます。

なぜなら、水道が復旧するまでの飲み水を確保するために、多くの人が飲料水を買い求めるからです。

これについては、私が実際に経験をした阪神・淡路大震災を含め、東日本大震災、熊本地震など、大きな地震の発生時には水が売り切れてしまう現象がメディアを通して確認されています。

もし地震の影響で水道が使えなくなると、復旧するまでにはかなりの時間が必要です。

そのため、水道が復旧するまで飲み水に困ることがないように、多くの人が水を求めてスーパーやコンビニに殺到して購入するのです。

このとき、先の不安から買い占めに走る人も当然ながらたくさんいます。

そのことから、地震が発生してから慌てて水を求めても、多くの人があなたと同じことを考えているため水が売り切れている可能性が非常に高いです。

なお、どうしても水を確保する必要があるのであれば、何店舗も回る覚悟で行動をしなければいけません。

こうした状況を避けるためには、やはり事前に3日分の飲み水を備えておくことが重要です。

給水車による水の配給には時間を要する

地震による被害が甚大であれば、市や自衛隊が保有する給水車が出動をします。

そのため、水の配給を受けることもできますが、すぐに水を確保できるわけではありません。

例えば、地震の被害により道路が使用できなくなり、給水車が移動できないことがあります。

また、優先度の高い災害拠点地、病院などに給水車が出動することも関係しているのです。

さらには、市や自衛隊が保有する給水車の台数にも限りがあります。

地震の発生後にはこうした影響や事情があるため、すぐに給水車から水を確保できるわけでないんです。

なお、地震後に給水車から水の提供を受けるためには、長時間並び続ける必要が高確率であります。

なぜなら、多くの人があなたと同じ理由で水を確保したいと考え集まり、長蛇の列となっているからです。

地震によって被災したことのある経験者であれば分かるのですが、地震後に水を確保することは非常に大変な上に時間がかかります。

こうした労力を避けるためには、安定して購入することのできる平常時に最低でも3日分を備えておくと、万が一のときは安心です。

地震に備える水について知っておきたいポイント

地震に備える水には注意点もある

なお、「水であれば種類に関係なく備えるだけで問題ない?」と問われると、そういう訳でもありません。

なぜなら、一般的に広く販売されている水と、災害用として販売されている水には賞味期限に差があるからです。

そして、水を備える方法にもいくつかパターンがあります。

そのため、どのような種類の水をどのようにして備えることが最も適しているのかを検討することが大切です。

水の賞味期限を考えて備える

一般的に広く販売されている水の賞味期限は、2リットルで約2年、550mlで約1年程度となっています。

こうした割と短い賞味期限の水を購入して備えるのも良いのですが、中には「もう少し長い期間保存できる水が欲しい!」と思われる方がいるかもしれません。

そうしたときは、災害用として製造された保存水がおすすめです。

災害備蓄用の水は約5~7年間保存できるように作られています。

一度購入するだけで約5~7年間保存できるのであれば、一般的に販売されている水を購入して備えるよりも経済的、交換の負担も軽減することが可能です。

たた、日常生活で市販の水を使用しているのであれば、災害備蓄用の水を備えることは適さないかもしれません。

そのため、あなたの生活スタイルに合わせて、市販の水と災害備蓄用の水のどちらが最も地震の備えとして適しているのかを、よく検討して購入することが重要です。

日常で水を購入しているのであれば、ローリングストックの備えが可能

なお、定期的に市販の水を購入しているのではれば、ローリングストックで地震の備えができます。

ローリングストックとは、日常で使用する食品や飲料水などを多めに購入し、消費した分だけ新たに購入する。

つまり、消費した分だけ新たに購入して常に一定の量を備えておく方法がローリングストックです。

ローリングストックを活用すれば、たとえ水の賞味期限が1~2年であったとしても、常に新しい賞味期限の水を保ち続けて備えることができます。

ただ、日常で水を購入していない場合はローリングストックが活用できないので、地震の備えとしては適切とはいえません。

そうしたときは、先ほどご紹介をした5~7年間保存できる災害備蓄用の水を購入して備える方が適しています。

ウォーターサーバーを利用した備え方もある

出典:プレミアムウォーター 公式サイト

市販の水や長期保存のできる災害備蓄用の水を購入して地震に備える方はたくさんいますが、中にはウォーターサーバーを利用して備えている方もいます。

ウォーターサーバーとは、ミネラルウォーターのボトルをセットしてレバーを押すと、冷水・温水がいつでも使える家電製品のことです。

なお、ウォーターサーバーを扱う会社と契約をすることで、定期的に高品質なお水を自宅まで宅配してくれます。

そのため、重たい水を定期的に購入して運ぶ必要がなく、赤ちゃんでも安心して飲むことのできる水を日常で使用できるメリットがあります。

このウォーターサーバーですが、会社によって災害用としても保存できる水を扱っているので、近年日常で使用しつつ地震に備える方が増えているのです。

つまり、ウォーターサーバーを利用してのローリングストックです。

例えば、プレミアムウォーターが提供をしているウォーターサーバーでは、日常だけでなく地震の備えとしても利用することができます。

業界内でも有名な人気ブランドの一つであることから、利用されている方はたくさんいます。

プレミアムウォーターの詳しい内容は下記の記事にまとめていますので、ぜひご参考にしてください。

地震に備える水は生活環境に合わせ、1人1日3ℓを3日分確保する

私が経験した阪神・淡路大震災を含め、東日本大震災や熊本地震では水道の復旧に時間がかかり、多くの人が水を確保することに苦労をされていました。

そのため、無駄な労力をかけずに水を確保するためにも、あらかじめ自宅に備えておくことが重要です。

なお、水を備える場合はあなたの生活環境に合った種類と方法を選ぶことが大切です。

そして、水道が使えない状態になることを想定し、最低でも1人1日3リットルを目安に3日分は確保しておく必要があります。

もちろん、先を見越して3日分以上を備えても問題はありません。

こうした備えを日頃からしておくと、いざという時はあなたや家族の大きな助けとなってくれます。

地震に備えて防災グッズを購入しようとするとき、調べると防災グッズを扱う会社はたくさんあります。

このとき、会社によって防災グッズの中身は異なるので、適当に選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

そのため、優れた防災グッズを扱う会社を選ぶことはもちろんのこと、家族構成や住居に応じた防災グッズを選ぶことが大切です。

ただ、どのような防災グッズを選べばいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そこで、以下のページではあなたや家族の助けとなる防災グッズの特徴を解説しているため、それぞれの違いを確認しながら選ぶことができます。

地震に備える防災グッズ情報