備えの基本

地震に備える防災リュックの中身【2つのパターンで準備可能】

突然大きな揺れを感じる地震が発生したとき、安全な場所へすぐに避難をしなければいけないときがあります。

建物の倒壊や家具類の下敷きになるなどの被害に遭わないよう、身を守ることのできる場所へ避難するのです。

このとき、事前に防災グッズを詰め込んだリュック(防災リュック)を備えておくと、避難と同時に持ち出すことができます。

防災リュックを持って避難ができれば、避難所などですぐに救援物資の提供を受けることができなくても、数日は生活をすることができます。

日本は世界的にも地震の発生する確率が高いため、いつでも避難できるように防災リュックは準備しておくことが重要です。

ただ、どのような防災グッズをリュックに詰めて備えておくべきかと悩まれる方がいるかもしれません。

そこで、地震に備えて「これだけは防災リュックに詰めておきたいグッズ」を2つのパターンでご紹介していきます。

なお、防災リュックを準備する際に知っておきたいポイントもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

地震に備えておく持ち出し用防災リュックの中身リスト

地震発生によって避難をする際に持ち出す防災リュックの中身ですが、2つのパターンで準備することができます。

具体的には、「避難を最優先した手軽い防災リュックの中身」と「3日間は生活可能な防災リュックの中身」です。

これは、あなたや家族が現在住んでいる地域から避難所までの距離や、防災リュックを背負う人の年齢・性別などを考慮して2つに分けています。

なぜ防災リュックを2つに分けているのかの、さらに詳しい内容を以下にてご説明をしていきます。

なお、内容の確認後、どちらのパターンで防災リュックを備えるかをよく検討することが重要です。

避難を最優先した手軽い防災リュックの中身リスト

まず、避難を最優先した手軽い防災リュックの中身については以下のリストの通りです。

避難を最優先した手軽い防災リュックの中身(大人1人1つ)
● 非常食:アルファ米、乾パンなど(1日分)
● 水:1本(500ml)
● ヘルメット
● 軍手
● 懐中電灯
● 携帯ラジオ
● モバイルバッテリー
● 緊急用ホイッスル
● 簡易トイレ (1日分)
● レインコート(雨具)
● 救急セット:風邪薬、消毒液、絆創膏、包帯、はさみ など
● 衛生用品:ウエットティッシュ、マスク、生理用品など
● 現金(小銭):公衆電話、飲料水などを購入する際に使用するため
●身分証明書のコピー(免許証、健康保険証など)
特例で現金が引き下ろせる措置が取られることがあるため

地震から避難を最優先した防災リュックの中身については、上記のグッズを備えておくことがおすすめです。

防災リュックの中身を必要最低限にしておくことで、緊急時でもすぐに持って避難をすることができます。

例えば、地震後に地すべりや津波が押し寄せる可能性のある地域に住んでいる場合は、避難を優先した行動を取らなければいけません。

このとき、3日間は生活できる防災リュックを持って避難をしようとすると、基本的に一人分の総重量が5~10kgほどとなるため、重すぎて逃げ遅れる可能性があります。

対して、1日だけでも過ごすことのできる防災リュックを備えておけば、総重量が約3キロほどとなるため避難しやすくなるのです。

また、手軽い防災リュックであれば、子供・女性・お年寄りでも比較的持ち運びがしやすいため、1日を過ごすことのできるグッズを持ちつつ避難を優先した行動を取ることができます。

つまり、避難を最優先した手軽い防災リュックを備える理由は、逃げ遅れて命を失うことを防ぐためです。

なお、自宅から避難所までの距離が近い場合は、随時必要なグッズを取りに帰ることができるという意味でも、ひとまず避難を優先した手軽い防災リュックを備えておくと安心です。

3日間は生活可能な防災リュックの中身リスト

次に、3日間は生活可能な防災リュックの中身については以下のリストの通りです。

3日間は生活可能な防災リュックの中身リスト(大人1人1つ)
● 非常食:アルファ米、乾パン、缶詰など(3日分)
● 水:3~4本(500ml)
●ウォーターバッグ
● ヘルメット
● 軍手
● 懐中電灯
● 携帯ラジオ
● 緊急用ホイッスル
● 簡易トイレ(3日分)
●目隠しポンチョ
● レインコート(雨具)
●寝袋、アイマスク
● モバイルバッテリー
●紙皿、割ばし、ラップ(紙皿の上にラップを敷いて汚れないようにするため)
● 救急セット:風邪薬、消毒液、絆創膏、綿棒、はさみ、ピンセット、爪切り、爪やすり、耳かき、カット綿、包帯など
● 衛生用品:ウエットティッシュ、マスク、歯ブラシ、ドライシャンプー、生理用品など
● 衣類、下着、タオル、毛布、スリッパなど
● 現金(小銭):公衆電話、飲料水の購入などで使用するため
● 身分証明書のコピー(免許証、健康保険証など)
特例で現金が引き下ろせる措置が取られることがあるため

基本的に上記のグッズを防災リュックに詰め込み備えておくと、3日間は避難所で生活することができます。

このとき、必要なグッズは人によって多少異なるので、グッズ類が増えることもあるかもしれません。

例えば、女性用や赤ちゃん用のグッズを追加して増えるなどです。

ただ、詰め込みすぎて防災リュックが重たくなりすぎると、逃げ遅れる可能性が高くなるので注意が必要です。

例えば、労働基準法で重量物を取り扱う業務では、以下のように重量制限が定められています。

年齢男性女性
16歳未満断続作業:15kg
継続作業:10kg
断続作業:12kg
継続作業:8kg
16歳~18歳断続作業:30kg
継続作業:20kg
断続作業:25kg
継続作業:15kg
18歳以上55kg以下断続作業:30kg
継続作業:20kg

地震に備える防災リュックの重さを調整するときに上記を参考にすると、「16歳未満」の重さに調整しておけば、比較的持ち運びがしやすいはずです。

つまり、防災リュックの重さは「男性が15㎏」「女性が12㎏」に調整しておくと、無理のない範囲で持ち運びができるようになります。

なお、女性の場合は女性ならではの用意しておきたい防災グッズがありますので、本記事とあわせて以下の記事も参考に備えると、あなたの大きな助けとなってくれます。

地震に備える防災リュックを準備する際に知っておきたいポイント

防災リュックを準備するとき、事前に知っておきたいポイントがあります。

具体的には下記の通りです。

  • 防災リュックは人数分を備える
  • 防災リュックの設置場所は玄関がベスト
  • 防災用品点検の日を基準に防災リュックの中身を点検する

詳しい内容については以下でご説明をしていきます。

防災リュックは人数分を備える

まず、地震時に持ち出す防災リュックを備える際に理解しておくべきことは、「必ず人数分を準備する」ことです。

例えば、大人2人・子ども1人で防災リュックが一つ分しかない場合、保存食や水などが足りなくなります。

これでは避難後の生活が著しく制限されることになるので、家族分をしっかり備える必要があるのです。

なお、小さな子どもやお年寄りがリュックを持てない可能性がある場合は、最低限のグッズのみ詰め込む、保護者が代わりに持つなどで対応することが重要です。

防災リュックの設置場所は玄関がベスト

地震後に避難をするとき、基本的に玄関から外へ出るはずです。

そのため、防災リュックは玄関に備えておくと、避難すると同時に持ち出すことができます。

ただ、玄関の広さ的に置くことができない場合があるかもしれません。

そうしたときは、できるだけ玄関に向かむ通路付近に設置しておくと、無駄な行動なく持ち出すことができるようになります。

防災用品点検の日を基準に防災リュックの中身を点検する

防災リュックは一度準備をして備えてしまうと、頻繁に使う機会はないので存在を忘れがちになります。

ただ、リュックに詰めたグッズも時間の経過とともに劣化はするので、いつでも使うことができるように点検をしておかなければいけません。

例えば、9月1日の防災の日を始め、12月、3月、6月のそれぞれ1日は、防災用品点検の日として制定されています。

そのため、防災用品点検の日を基準に保存食の賞味期限切れ、グッズ類の動作確認、季節に合ったグッズの追加などをしておくことがおすすめです。

なお、防災リュックは3ヶ月ごとの年4回、あるいは半年に1回のペースで点検しておくと安心です。

地震に備える防災リュックの中身は生活環境にあわせて準備する

地震に備えて防災リュックを準備をしておくと、万が一避難をする際に持ち出すことで大きな役割を果たしてくれます。

ただ、あなたや家族構成にあった防災リュックを準備することが重要です。

なぜなら、適さない防災リュックを備えてしまうと、必要なものが足りなかったり、重すぎて逃げ遅れてしまうなどのトラブルに遭う可能性があるからです。

そのため、防災リュックの中身はよく検討をして準備をする必要があります。

なお、一つ一つ防災グッズを単品で購入すると、高くなってしまうことがあります。

そうしたときは、防災メーカーが扱っている防災グッズを選ぶと、比較的安く購入することができます。

はじめからプロが厳選した品質の良い防災グッズ一式が揃っているので、自ら一つずつ選ぶ必要もなく安心して利用可能です。

本記事の一番最後に防災グッズを扱うメーカーをご紹介していますので、ぜひ防災グッズを購入する際の参考にしてみてください。

地震に備えて防災グッズを購入しようとするとき、調べると防災グッズを扱う会社はたくさんあります。

このとき、会社によって防災グッズの中身は異なるので、適当に選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

そのため、優れた防災グッズを扱う会社を選ぶことはもちろんのこと、家族構成や住居に応じた防災グッズを選ぶことが大切です。

ただ、どのような防災グッズを選べばいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そこで、以下のページではあなたや家族の助けとなる防災グッズの特徴を解説しているため、それぞれの違いを確認しながら選ぶことができます。

地震に備える防災グッズ情報