備えの思考

一人暮らしさんがしておく地震の備え【自分自身で身を守る!】

一人暮らしをしているときに地震が起きると、自分自身で身を守る行動を取らなければいけません。

家族と一緒に住んでいたときとは違い、近くに助けてくれる人が近くにいないからです。

そのため、突然地震が発生しても慌てることがないように、普段から地震の備えや対策をしておくことが重要です。

ただ、どのような備えをしておくべきかと悩まれる方がいるかもしれません。

そこで、一人暮らしさんがしておくべき地震の備えについて解説をしていきます。

一人暮らしさんが地震に備えてしておくべき対策

冒頭でお伝えした通り、一人暮らしをしている場合は身近に助けてくれる人がいないので、地震が起きると自分自身で身を守ることのできる行動を取らなければいけません。

そのために、日頃から身を守ることにつながる地震の備えをしておくことが重要です。

そこで、ここではどのような備えをしておくことで、地震から身を守ることができるのかをご紹介していきます。

転倒しそうな家具・家電製品はしっかり固定する

家にいるときに地震が起きると、揺れの影響で家具や家電製品などが転倒したり落ちたりすることがあります。

例えば、1995年に発生した阪神・淡路大震災では多くの人が家具類の下敷きとなり、負傷、もしくは圧死により亡くなられました。

実は私も阪神・淡路大震災の発生によって食器棚の下敷きとなったのですが、運よく勉強机が支えとなっていたこともあり、親の力を借りて助かることのできた過去があります。

ただ、私の場合は幸運であったこともありますが、「親の力を借りて抜け出すことができた」という点があります。

対して、一人暮らしをしていると近くに家族はいないため、私と同じ状況に遭った場合は「あなた自身の力」で抜け出さなくてはいけません。

ですが、一番重要なことは、地震が発生しても家具が転倒しないように対策をすることです。

具体的には、タンス・本棚と天井の隙間に「転倒防止棒」を取り付ける、あるいは「耐震用ストッパー」をさしこむことで転倒を防ぐことができます。

このとき、テレビ、冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品も、耐震用のグッズを使用しておくことで落下や転倒を防ぐことができます。

なお、私の経験からお伝えすると、たとえ家具類や家電製品を固定する対策を講じたとしても、完全に転倒しないわけではないので「布団」もしくは「ベット」付近に置かないことが重要です。

懐中電灯・スリッパ・防災用ホイッスルは手の届く範囲へ

地震の備えとして、懐中電灯・スリッパ・防災用ホイッスルの3点を、手の届く範囲に置いておくと安心です。

例えば、地震の影響で停電が起こり、電気が使えなくなることがあります。

また、揺れの影響で荷物やガラス片などが地面に散乱してしまうこともあるんです。

そうしたときに懐中電灯やスリッパを近くに置いておくと、停電中でも周囲を照らして状況を確認したり、散乱物で足を怪我しないようにすることができます。

なお、防災用ホイッスルは部屋に閉じ込められることを想定した備えです。

部屋に閉じ込められてしまうと、一人暮らしでは助けを呼ぶことができません。

このとき、防災用ホイッスルを吹くことで、周囲にあなたの居場所や存在を知らせることができるようになります。

避難所・避難経路の確認も忘れずに

あなたが一人暮らしをしている地域の避難所を確認しておくことも大切です。

実は地震が発生して部屋から飛び出すも、どこへ避難すればいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そのため、地震などの災害が発生したときは「この避難所へ行く!」という場所を事前に決めておくことが重要です。

ただ、避難所だけではなく、避難経路も確認しておく必要があります。

例えば、狭い道路に多数の家が建ち並ぶ住宅街のルートを使って避難をすると、屋根瓦やガラス片が降ってきたり、ブロック塀が崩れて下敷きになる可能性があります。

少々状況が異なるのですが、2018年に発生した大阪府北部地震では、地震の影響で小学校のブロック塀が倒れて女児が犠牲となる痛ましい事故が発生しました。

こうした地震発生後に起こる二次災害に巻き込まれることは十分考えられるので、避難をする際には最も安全なルートを使用することができるように、日々確認をしておくことが大切です。

なお、避難場所や避難経路の決め方として、あなたが住んでいる自治体のホームページ、あるいは国土交通省のハザードマップポータルサイトから、ハザードマップを入手する方法があります。

食料品、簡易トイレの備えは重要です

一人暮らしに限った事ではありませんが、地震後の生活に困ることがないよう食料品は必ず備えておかなければいけません。

例えば、大規模な地震が発生すると高確率でライフラインが停止してしまいます。

ライフラインが停止すると電気・水道・ガスが使えなくなるので、食事を作ったり水分補給ができなくなってしまうんです。

このとき、簡単に食べ飲みできる食品や飲料水をお店に買いに行こうと考える人は少なくありません。

ただ、同じことを考えていた人がすでにお店に殺到しており、商品のほとんどが売り切れてしまうのです。

これは阪神・淡路大震災で私も経験しており、その後発生した東日本大震災や熊本地震などでも確認されています。

そのため、食べ物や飲み物がなくて困ることがないように、最低でも3日間は生活できるように食料品を備えておくことが重要です。

なお、電気や水道が止まるとトイレの水は流せないので、3日分以上の簡易トイレも備えておくと安心です。

一人暮らしでは地震に備えて避難用の防災グッズの準備も重要!

一人暮らしさんは自宅用の備えも大切ですが、避難所で生活することを前提とした備えをしておくことも重要です。

なぜなら、地震の影響で家に住むことができず、避難所で生活せざるを得ないことがあるからです。

ちなみに、避難所では救援物資の提供を受けることができますが、あなたが生活できるだけのものを手に入れることができるとは限りません。

そのため、地震時に役立つ防災グッズを揃えてリュックに詰め込み、すぐに持ち出せるよう玄関先に備えておく必要があります。

なお、「どんな防災グッズを揃えればいいんだろう…」と悩まれる方は、以下の記事もあわせてチェックしてみてください。

一人暮らしでも地震の備えをしておけば安心!

一人暮らしをしていると、地震が発生しても自分で身を守ることのできる行動を取らなればいけません。

もし、あなたと最も接点のある家族がそばにいれば、力を合わせて助け合うことはできます。

ただ、一人暮らしの場合そうはいきません。

近くに家族がいない以上、あなた自身でどうにかして身を守ることのできる備えをしなければいけないのです。

このとき、あらかじめ地震に備えた防災グッズの準備や家具類の転倒防止対策をしておけば、あなたの身を守る大きな助けとなってくれます。

日本は地震が起こる確率がとても高く、今後私が経験した阪神・淡路大震災のような大地震が発生する可能性は十分考えられます。

そのため、「自分で自分の命を守る」ためにも、一人暮らし用の備えをしておくことが重要です。

地震に備えて防災グッズを購入しようとするとき、調べると防災グッズを扱う会社はたくさんあります。

このとき、会社によって防災グッズの中身は異なるので、適当に選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

そのため、優れた防災グッズを扱う会社を選ぶことはもちろんのこと、家族構成や住居に応じた防災グッズを選ぶことが大切です。

ただ、どのような防災グッズを選べばいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そこで、以下のページではあなたや家族の助けとなる防災グッズの特徴を解説しているため、それぞれの違いを確認しながら選ぶことができます。

地震に備える防災グッズ情報