備えへの思考

会社に備える地震用の防災グッズ【少しの準備でも大助かり】

突然何の前触れもなく発生する地震。

特に日本は地震大国と言われるほど発生する確率が高く、多くの被害を受けてきました。

今後も大きな地震が発生する可能性は十分考えられるため、できる備えはしっかりしておくことが大切です。

例えば、会社で働いているときに地震が起こることを想定した備えです。

自宅であれば様々な備えをする人は多いのですが、会社に地震の備えをしていない人は意外とたくさんいます。

ただ、地震はいつ発生するか分かりません。

自宅にいるときに地震が起きると準備していた備えが大きな役割を果たしてくれますが、会社での備えをしていないと大変な目に遭うこともあるんです。

そのため、自宅だけではなく会社でもできる地震の備えをしておくと、もしもの時はあなたを助けてくれます。

ですが、どのような備えをするべきかと悩まれる方がいるかもしれません。

そこで、会社に備えておきたい地震用の防災グッズについての情報をご紹介していきます。

なお、なぜ会社にも防災グッズを備えるべきなのかの理由もご説明していますので、ぜひチェックしてみてください。

会社に防災グッズを備えておくべき理由

まず、なぜ会社にも防災グッズを備えるべきかの理由についてご説明をすると、「帰宅困難者」となる可能性があるからです。

例えば、2011年に発生した東日本大震災では地震の影響で鉄道が止まり、道路は大渋滞で車が動かない状況を引き起こしました。

このとき、首都圏で合計500万人以上の人が帰宅困難者になったとのこと。

なお、帰宅困難者については「内閣府の防災会議」にて、一定の定義が設けられています。

具体的には下記の通りです。

・帰宅困難者の定義
各地区の滞留者のうち、自宅までの距離が遠く、徒歩による帰宅が困難な人の数とする
・帰宅までの距離が 10km 以内の人は全員「帰宅可能」とする
・帰宅距離 10km~20km では、被災者個人の運動能力の差から、1km 長くなるごとに「帰宅可能」者が 10%低減していくものとする
・帰宅距離 20km 以上の人は全員「帰宅困難」とする

帰宅困難者に係る用語の定義について

このような一定の定義が設けられているため、会社にて勤務中に地震が発生したとしても、全員が帰宅困難者に該当するわけではありません。

会社から徒歩で帰れる距離に自宅がある場合は、鉄道やバスなどを利用しなくても自力で歩いて帰れるからです。

ただ、自宅まで距離が長くて徒歩で帰れない場合は、基本的に帰宅困難者となってしまいます。

帰宅することができず、会社や駅構内で一夜を過ごすことになるのです。

こうした状況に備えて会社にも役立つ防災グッズを準備しておくと、もしもの時はあなたの助けとなってくれます。

会社に備えることのできる防災グッズは2通りある

内閣府の防災会議では、帰宅困難者について一定の定義を設けていました。

要約すると、

  • 自宅までの距離が10㎞未満の人は全員が帰宅可能
  • 自宅までの距離が20㎞以上ある場合は帰宅困難者

となります。

こうしたことを踏まえ、会社で備える防災グッズは2つに分けて備えることができます。

具体的には、「徒歩で帰宅する備え」と「会社・避難所で過ごす備え」です。

具体的にどのような防災グッズを備えるべきかをリストにてご紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

徒歩で帰宅する備え

食料品保存可能な乾パン、お菓子などを1日分
500mlの保存水を1本
携帯トイレ1日分
モバイルバッテリースマートフォンの電池切れを防ぐため
緊急用ホイッスル助けを求める際に使用する
ハンカチ
ウエットティッシュ
手の汚れ、ホコリなどを取り除くため
マスク、ヘアゴムマスク:ホコリなどの吸い込み防止
ヘアゴム:髪をまとめるのに使用
常備薬、生理用品症状悪化を防ぐため
現金食品、飲料水などの購入に使用するため
スニーカー靴ずれを防ぎ、長距離を歩きやすくするため
折り畳みヘルメット落下物からの頭部保護
レインコート雨の日の帰宅時に使用
使い捨てカイロ寒さ防止

会社から徒歩で帰宅可能な範囲に自宅がある場合、それほど多くの防災グッズを備えなくても基本的に問題ありません。

なぜなら、あまりに多くの防災グッズを用意しておくと返って重たくなりすぎ、帰宅までの道のりが苦痛になってしまうからです。

そのため1日は食事や水分補給に困らない、そして徒歩での帰宅途中で助けとなるアイテムを少し会社に備えておくだけで、大きな役割を果たしてくれます。

会社・避難所で過ごす備え

食料品アルファ米、乾パンなどを3日分
保存水を3本(500ml)
簡易トイレ3日分
モバイルバッテリースマートフォンの電池切れを防ぐため
簡易ライト、ラジオ周囲の確認、情報を得る手段に使用
乾電池簡易ライト、ラジオなどで使用
緊急用ホイッスル助けを求める際に使用する
衛生用品歯ブラシ、ウエットティッシュ、マスク、生理用品など
救急セット常備薬、消毒液、絆創膏、はさみ、カット綿、包帯など
現金食品、飲料水などの購入に使用するため
下着、ヘアゴム下着:1日~3日分、ヘアゴム:2~3個
スニーカー歩きやすくするため
折り畳みヘルメット落下物からの頭部保護
レインコート雨の日の移動に使用
防寒コート寒さ防止

地震の影響で公共交通機関がマヒして利用できず、徒歩では到底帰宅できない場合は、会社あるいは近くの避難所で過ごさなければいけません。

どのくらい待てば公共交通機関が利用できるようになるのかは状況により異なりますが、最低でも1日は帰宅できないことを想定しておくことが重要です。

このとき、3日間は飲食に困ることがなく、また過ごすことのできる防災グッズを備えておくと安心です。

なお、上記のリストに挙げた防災グッズであれば、「高さ45cm×横30cm×マチ(厚み)18cm」程度のリュックに収めることはできます。

その他、あなたに合った防災グッズを用意してリュックに詰めておくと、困難な状況でも比較的過ごしやすくなります。

ただ、一つずつグッズを用意することが難しい場合は、本記事の一番最後に防災のプロが揃えた防災グッズ一式の情報ページを掲載しているので、そちらもあわせてご参考にしてください。

会社にも防災グッズを備えておけば安心

1日の3分の1、あるいは3分の2は会社で過ごすことになります。

このとき、突然地震が発生して帰宅することが困難な状況になったとしても、会社に防災グッズを備えておくことであなたを助けてくれます。

徒歩で帰宅する、会社・避難所で過ごすのどちらでも大きな役割を果たしてくれるので、必要とする防災グッズを備えておくことが重要です。

日本は地震の発生する確率が高く、また今後も大きな地震が発生することが考えられます。

そうした「もしも」に備えておくと、安心して働くことができるようになります。

地震に備えて防災グッズを購入しようとするとき、調べると防災グッズを扱う会社はたくさんあります。

このとき、会社によって防災グッズの中身は異なるので、適当に選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

そのため、優れた防災グッズを扱う会社を選ぶことはもちろんのこと、家族構成や住居に応じた防災グッズを選ぶことが大切です。

ただ、どのような防災グッズを選べばいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そこで、以下のページではあなたや家族の助けとなる防災グッズの特徴を解説しているため、それぞれの違いを確認しながら選ぶことができます。

地震に備える防災グッズ情報