備えの基本

地震による停電に備えるべきもの【夜も怪我なく安全避難】

地震が発生することで起こる影響の一つに「停電」があります。

例えば、最大震度7を観測した阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などでは、広域にわたり大規模な停電が発生しました。

主な停電の原因は地震の揺れによって電柱が倒れ、電線が切れてしまうことにあります。

こうした原因で停電が発生すると、復旧するまでには数日から数週間はかかる可能性があるのです。

このとき、停電中は電気をつけることができないため、薄暗い中で行動しなければいけません。

場合によっては夜中に地震が発生して停電が起こり、暗闇の中で避難せざるを得ないことも考えらえます。

事実、阪神・淡路大震災は1月の5時46分に、熊本地震は1回目が21時26分、2回目が1時25分と夜に発生しました。

当然ながら、暗闇の中では周囲を確認することができないため、怪我をするリスクが高くなってしまいます。

また、電気が復旧するまでは日々の生活が著しく制限されてしまうことにもなります。

そのため、地震は明るい時間帯だけでなく夜に発生する可能性があることも理解し、安心して避難や生活できる備えをしておくことが重要です。

ただ、停電による備えはどのようなことをすればいいのかと悩まれる方がいるかもしれません。

そこで、夜に地震が発生して停電しても、安心して避難や生活ができる備えについて解説していきます。

なお、停電中に注意しておきたいポイントも解説していますので、ぜひご参考にしてください。

地震による停電の中、夜でも避難・生活ができる備えとは

地震の影響で停電が起こると、電気が使えない中で避難や生活をしなければいけません。

ただ、電気が使えない状態では避難や生活はしづらく、夜中であれば転倒や怪我をするリスクがあります。

そこで、こうした状況を避けるために備えるべきグッズの情報をご紹介していきます。

懐中電灯

停電により電気をつけることができないときに、役立つ定番品のグッズが「懐中電灯」です。

懐中電灯は対象となるものを明るく照らし出してくれるので、夜中でも周囲を確認しながら避難をすることができます。

転倒防止や散乱物に接触して怪我をするリスクを最小限に抑えることもできるので、1本は必ず備えておきたいグッズです。

LEDランタン

懐中電灯は対象となる物、つまり一点を照らすことには長けていますが、部屋全体を照らすことには不向きです。

そこで、停電に備えてロウソクを購入しておく人もいるのですが、火災になる恐れがあるのでおすすめはできません。

地震は1回発生すると数回余震が起こる可能性があります。

このとき、余震によってロウソクが倒れてしまうと、そのまま火が広がり火災へとなる恐れがあるのです。

そのため、停電対策はロウソクではなく、部屋全体を照らすことのできる「ランタン」を備えておくと、火災の恐れもなく安心です。

なお、ランタンにはガス、ガソリン、LEDの3種類がありますが、素人でも簡単に使うことのできるLEDランタンであれば安全なのでおすすめです。

ラジオ

地震によって停電が起こると、電気が使えないため情報を得る手段が限定されてしまいます。

このとき、ラジオを1台備えておくと、あらゆる地震情報を収集することができるようになります。

例えば、現在の状況や避難すべき場所、受診できる病院や支援物資を提供している箇所などの情報を得ることが可能です。

もちろんスマートフォンでも情報を得る手段とはなりますが、通信設備の不具合や基地局からの電波が切れて通信できない可能性があります。

何より、スマートフォンはラジオと比べて電池の減りが圧倒的に早いので、常時新しい情報を得る手段として使うには不向きです。

そうしたこともあり、地震時の情報収集にはラジオを一台備えておくと大きな助けとなってくれます。

蓄光テープ

夜間は周囲が暗く対象となるものがよく見えないので、行動するにしても常にリスクがつきまといます。

例えば、段差や階段のある通路を通って移動をするとき、暗闇の中では足元をよく確認できません。

そのため、転倒や転落するリスクが非常に高く、怪我や骨折をしてしまう可能性もあるのです。

このとき、あらかじめ危険なポイントに「蓄光テープ」を貼っておくと、暗闇の中で光を放出してくれます。

光を確認できれば段差や階段があっても転倒・転落するリスクを抑えることができるので、比較的安全に移動や避難をすることが可能です。

なお、蓄光テープの寿命は種類によって5年や10年、中には20年を超える物もあるので、一度購入して貼ると剥がれない限りは長持ちします。

保存食・水

地震の影響で停電が起こると、水道やガスも使えない可能性があります。

こうした事態に備え、電気、水道、ガスを使わなくても食事や水分補給をすることのできる、食料品を備蓄しておくことが重要です。

具体的には、長期保存の可能なアルファ米、乾パン、保存水を備えておくと、難しい調理を必要とせず簡単に食事や水分補給をすることができます。

もちろん、スーパーやコンビニなどで販売されているインスタント食品、レトルト食品、水などを備蓄していても問題はありません。

ただ、日常生活で消費する食料品は災害用として作られた物より賞味期限が短いため、ある程度は確認をして管理する必要があります。

なお、食料品や水はライフラインの復旧するまでを想定し、最低でも3日分、余裕を持つなら1週間分を確保しておくことが重要です。

簡易トイレ

停電中の備えとして忘れがちになるのが「簡易トイレ」です。

一般的な住宅で使用されるトイレはポンプの力で水を汲み上げて流すので、停電が起こると水を流すことができません。

トイレは人間が生きる上で必要不可欠な部類の一つなので、必ず何かしらの対策をしておくことが重要です。

そうしたとき、水を流すことができなくても簡単に利用できる簡易トイレを備えておくと、停電中でも安心して使用することができます。

特に、各自治体が設置する仮設トイレの利用を避けたい方や、マンションの高層階に住んでいる方には簡易トイレがあると非常に便利です。

モバイルバッテリー・乾電池

近年はスマートフォンの利用者が多いため、停電が起きても充電することのできる「モバイルバッテリー」を備えておくと、電池切れを防ぐことができます。

ただ、家庭用電源を必要とするモバイルバッテリーだけでは停電時に大きな役割を果たしきれません。

そのため、乾電池式のモバイルバッテリーと分けて備えておくと安心です。

なお、乾電池は地震による停電時にはお店に行っても品切れしがちです。

品切れで購入できない状況を防ぐために、日頃からある程度の乾電池を備蓄しておくことをおすすめします。

防災グッズ

地震の揺れの強さによっては、夜中であってもすぐに避難をしなければいけないこともあります。

そのため、「防災グッズ」をリュックに詰めて備えておくと、避難をする際にはすぐに持ち出すことができます。

ただ、必要な防災グッズを一つずつ購入して揃えるのはとても大変で、中には面倒と思われる方もいるかもしれません。

そうしたときは、防災のプロが厳選して揃えた防災グッズの一式を購入すると、自ら揃える必要もなく安心して備えることができます。

なお、どの防災グッズを扱うメーカーで購入するべきかを悩まれている場合は、本記事の一番最後で各種メーカーの商品を紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

ポータブル電源を備えておけば、地震による停電中でも生活がしやすい

出典:株式会社jackery japan 公式サイト

地震によって停電が発生すると、被害状況に応じて復旧するまでの期間には違いが生じてきます。

例えば、阪神・淡路大震災では260万戸の停電復旧に6日間かかりました。

東日本大震災においては、400万戸超えの停電復旧までに7日間ほど時間がかかっています。

ただ、これほどの期間を電気なしで生活するのは、非常に不便でなりません。

そうしたときは、簡単に電力を確保できるポータブル電源を備えておくことで、さまざまな家電製品を使用することができるようになります。

詳しくは、以下のページでご紹介をしています。

地震による停電時は電気火災に注意

私が経験した阪神・淡路大震災では、大規模な火災が発生して多くの建物が焼失しました。

なお、火災の原因は「通電火災」だと言われています。

阪神・淡路大震災は、最大震度7を観測した大地震であり、広域にわたり停電が発生していました。

このとき、季節的にも電気ストーブやヒーターを使用して家庭が多かったのです。

これらの電気製品が停電復旧と共に再び動作。

そして、傷んだ配線から出火して建物に燃え移り、大火災へとなったのです。

そのため、地震によって停電が発生した場合は、揺れが収まったことを確認してコンセントを抜くことが重要です。

あるいは、ブレーカーを落とすと停電から復旧しても電気の供給を止めることができるので、通電火災を引き起こす可能性を低くすることができます。

特に、避難をする際には通電火災を引き起こさないように、ブレーカーは必ず落とすことが重要です。

地震による停電に備えておくことで、夜でも安全に行動できる

日本は地震の多い国であるため、停電が発生する可能性は十分考えられます。

そのため、停電してから焦ることがないように、事前の備えをしておくことが重要です。

特に、夜に地震が発生して停電になると、避難したくても暗闇の中では行動しづらくなります。

場合によっては転倒や転落によって負傷してしまうかもしれません。

そうしたとき、懐中電灯の1本でも備えておけば、怪我をするリスクを最小限に抑えつつ、周囲を確認しながら避難をすることができます。

あなた自身や家族を守るためにも、日頃から停電の備えをしておくと、万が一の時は大きな助けとなってくれるはずです。

地震に備えて防災グッズを購入しようとするとき、調べると防災グッズを扱う会社はたくさんあります。

このとき、会社によって防災グッズの中身は異なるので、適当に選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

そのため、優れた防災グッズを扱う会社を選ぶことはもちろんのこと、家族構成や住居に応じた防災グッズを選ぶことが大切です。

ただ、どのような防災グッズを選べばいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そこで、以下のページではあなたや家族の助けとなる防災グッズの特徴を解説しているため、それぞれの違いを確認しながら選ぶことができます。

地震に備える防災グッズ情報