備えの思考

赤ちゃんと子供を地震から守る備え【防災グッズリストも紹介】

昨今、日本各地で大きな揺れを観測する地震が増えていることから、命を守るための備えをするご家庭が増えてきています。

いつ地震が起きても焦りや困ることがないように、事前に備えをしておくのです。

このとき、赤ちゃんや子供のいるご家庭では、大人とは違った備えをしておく必要があります。

例えば赤ちゃんや子供用の防災グッズを備える、また家具類の転倒に巻き込まれないような対策などです。

ただ、具体的にどのようにして備えておくべきかと悩まれる人がいるかもしれません。

そこで、赤ちゃんや子供のいるご家庭でしておきたい地震の備えについてご紹介をしていきます。

赤ちゃんと子供を地震から守るためにする自宅での備え

赤ちゃんや子供を地震から守るためには、家の中の備えがとても重要です。

ここを怠ると、危険な目に遭わせてしまう可能性が高くなってしまいます。

なお、具体的にどのような備えをするべきかについては、以下で一つずつご紹介をしていきます。

寝室・子供部屋の家具類は必ず固定をする

まず、赤ちゃんや子供を地震から守るためにしておきたいことが、家具類が転倒して下敷きにならないための備えです。

ほとんどのご家庭で寝室、あるいは子供部屋にタンスや本棚などの家具類は設置しています。

例えば、こうした家具類が地震の揺れによって転倒する恐れがあるんです。

実は1995年に発生した阪神・淡路大震災で、当時小学生であった私は食器棚の下敷きになった経験があります。

幸運にも同じ部屋にあった勉強机が辛うじて食器棚を支えてくれていたため、完全に押し潰されることなく親の力を借りて助かることができました。

なお、阪神・淡路大震災では約8割の方が自宅で亡くなられています。

主な死因は建物の倒壊や家具の転倒を原因とする「窒息死」や「圧死」であったとのこと。

ちなみに、家具は震度5強でも転倒することがあるそうです。

そのため、突然地震が発生して赤ちゃんや子供が家具の転倒に巻き込まれないためにも、必ず固定をしておくことが重要です。

具体的には、本棚やタンスなどに「突っ張り棒」を使用して天井と固定をしたり、耐震用のストッパーを地面との隙間に挟んで対策すると、転倒を防ぐ効果があります。

そして、無防備となる睡眠中でも安心できるよう、できるだけ布団やベットから離れた位置に家具類を設置することが大切です。

避難場所・避難経路の事前確認は重要

地震の揺れが大きい場合、自宅から避難をしなければならないときもあります。

ただ、避難場所を決めていなければどこへ避難するべきかを判断することができません。

そのため、闇雲に避難をすることがないように、事前に避難場所を子供に教えながら決めておくことが重要です。

このとき、避難場所まで移動する経路も確認しながら決める必要があります。

例えば、あなたが住んでいる地域に山、川、海が近くにある場合、地震の影響で二次災害が発生することがあるからです。

例えば、東日本大震災では地震の発生後、大きな津波が押し寄せる二次災害が発生しました。

結果、岩手、宮城、福島の東北3県で東日本大震災により犠牲となった方の死因は、津波による溺死が約9割であったと報告されています。

地震は突然発生すると怖いものですが、地震の発生後に起こる二次災害も非常に怖いものです。

そのため、最も安全なルートを通って避難場所までたどり着けるように、日頃から辺りを観察して決めることが大切です。

なお、避難場所や避難経路を決めるとき、あなたが住んでいる自治体のホームページを確認することで情報を得ることができます。

また、国土交通省のハザードマップポータルサイトでも避難場所や避難経路の情報を提供しているので、あわせて確認すると決めやすいです。

地震の発生時に身を守る行動を教えておく

突然強い揺れを感じた場合、最も最初にとるべき行動は「身の安全を守る」ことです。

具体的には、「机の下に隠れる」や「クッション類で頭を守る」などで身を守ることができます。

こうした身の守り方を普段から子供に教えておくことで、地震が発生しても落下物などから身を守り、怪我をするリスクを極力回避することができます。

ただ、赤ちゃんは自ら守る行動を取ることはほぼ不可能なので、大人がしっかり守ってあげる必要があります。

なお、何も守る術がない場合は、大人が赤ちゃんや子供を覆うように守ることが大切です。

赤ちゃんと子供を地震から守る防災グッズの備えも重要

赤ちゃんや子供を地震から守るために、防災グッズを備えておくことも大切です。

例えば、大地震が発生して家の中にいることが危険な場合、急いで避難をする必要があります。

このとき、赤ちゃんや子供用の防災グッズを用意しておくと、避難をすると同時に持ち出すことができます。

防災グッズがあるのとないのとでは避難後に大きな影響があるので、備えておくことが重要です。

赤ちゃん用の防災グッズリスト

● 抱っこ紐
● 粉ミルク、哺乳瓶、水 (3日分)
● オムツ、おしり拭き (3日分)
● 着替え (3日分)
● 赤ちゃん用お薬、体温計

赤ちゃん用の防災グッズは、大人用の防災グッズとあわせて備えておくと忘れることがないので安心です。

避難所で生活することを前提とした備えとして、最低でも3日分は準備しておく必要があります。

なぜなら、被害状況によっては赤ちゃん用の支援物資の提供をすぐに受けることができないからです。

また、お店でも赤ちゃん用の粉ミルクやオムツは売り切れてしまう傾向にあるので、最低でも3日分、スペースに余裕があるなら1週間分を準備しておくと安心です。

なお、大人用の防災グッズについて悩まれている場合は、以下の記事もあわせてご参考にしてください。

子供用の防災グッズリスト

● 食料:保存用の乾パン、缶詰パンなど(3日分)
● 水:1~3本(500ml)
● お菓子:あめ、クッキーなど
● ヘルメット
● 軍手
● 懐中電灯
● 緊急用ホイッスル、防犯用ブザー
● 簡易トイレ (3日分)
● 防寒シート
● レインコート(雨具)
● 救急セット:風邪薬、消毒液、絆創膏、包帯、はさみ
● 衛生用品:ウエットティッシュ、マスク

子供用の防災グッズを備えるとき、年齢に合った持てる量のグッズを用意しておくことが重要です。

例えば、小学1年生の子供に重さ5kg以上の防災グッズを常時持たせておくのは厳しいと言わざるを得ません。

特に、近年共働きのご家庭が増えたこともあり、子供だけで家にいることもあります。

このとき、地震が突然起き防災グッズを持ち出して避難をしようとしても、子供には重すぎて逃げ遅れることがあるのです。

そのため、できるだけ子供の年齢に合った重さかつ、最低限必要とする防災グッズを準備して玄関先に備えておくことが大切です。

赤ちゃんと子供を地震から守るには、日頃からの備えと教えが大切

日本は世界的にも地震の多い国であるため、身を守ることのできる備えをしておくことは重要です。

特に赤ちゃんや子供のいるご家庭では、身の安全を確保してあげるためにも必ず地震の備えが必要です。

なお、私が経験した阪神・淡路大震災では、ほとんどの家庭で地震に備えた対策はしていませんでした。

このとき、私と同じように阪神・淡路大震災を経験した人へ向けた「大きな揺れの最中にどのような行動を取ったのか?」というアンケートでは、約4割の方が「何もできなかった」との結果であったそうです。

何も備えをしていない状態で何も行動ができなければ、怪我をするリスクが非常に高く最悪死に至ります。

ただ、事前に大人を含めた赤ちゃんや子供の身を守ることのできる地震の備えをしておくことで、呆然とすることもなく的確な行動が取れやすくなります。

そのため、本記事を参考にできる地震の備えを行なってみてください。

そうすることで、赤ちゃんや子供の命を守ることに繋げることができます。

地震に備えて防災グッズを購入しようとするとき、調べると防災グッズを扱う会社はたくさんあります。

このとき、会社によって防災グッズの中身は異なるので、適当に選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

そのため、優れた防災グッズを扱う会社を選ぶことはもちろんのこと、家族構成や住居に応じた防災グッズを選ぶことが大切です。

ただ、どのような防災グッズを選べばいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そこで、以下のページではあなたや家族の助けとなる防災グッズの特徴を解説しているため、それぞれの違いを確認しながら選ぶことができます。

地震に備える防災グッズ情報