地震に備えるべき防災グッズや情報を提供するサイト

日本は世界的にも地震の発生率が高く、過去を振り返れば幾度となく甚大な被害を受けてきました。

具体的には、私が経験した阪神・淡路大震災をはじめ、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震など、最大震度7を観測する地震が発生し、多くの犠牲者や経済的な被害がもたらされました。

その他にも、日本の歴史に名を残す名称の地震が多く発生しており、その都度被害を受けてきています。

なお、今後30年以内に「南海トラフ地震」が約70~80%の確率で発生する可能性があると、気象庁は公表しています。

こうした過去に発生した地震や、今後発生する可能性のある大きな地震について考え、事前に身を守ることのできる備えをしておくことが重要です。

ただ、地震に対してどのような備えをするべきかと迷われる方がいるかもしれません。

そこで、阪神・淡路大震災で被災した私の実体験をもとに、地震に備えるべきことを本サイトを通してご紹介していきます。

地震時に役立つ防災グッズ

当サイトが掲載している、地震時に身の安全を守り、生活をするために役立つ防災グッズと商品です。

こうした防災グッズを備えることで、あなたや家族を地震から守る手助けをしてくれます。

防災グッズについてはメーカーによって備えられている物が異なりますので、どれが最も適しているのかをよく確認することが重要です。

Relief2「ディフェンドフューチャー」

防災のプロが厳選した3日分の防災グッズ

3日間を生き抜くために必要なグッズが一式揃えられている、ディフェンドフューチャーの「Relief2防災セット」です。

防災のプロである防災士が、一つずつこだわりを持って厳選したグッズが揃えられています。

そのため、地震後の厳しい中でも安心して3日間の生活や身を守ることが可能です。

5年間の保証付きとアフターフォローがしっかりしているので、「どの防災セットを選べばいいのか分からない」と悩まれる方は、ディフェンドフューチャーの防災グッズを備えておくと安心です。

バッグリュック型
グッズ内容36種類39点 ※1人用

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

詳細ページへ

ものすごい防災セット「LA・PITA(ラピタ)」

「背負う」「転がす」「持つ」3WAYキャリーリュック採用

地震による緊急時でも、持ち運びがしやすいように工夫して作られているのが、LA・PITA(ラピタ)の「ものすごい防災セット」です。

防災士による徹底監修のもと厳選したグッズを収納しており、手持ち・リュック・キャリーバッグとして持ち運びが可能です。

状況に応じて持ち運びの方法を変えたい方には、LA・PITAのものすごい防災グッズをおすすめします。

バッグキャリーリュック(持つ・背負う・転がすことが可能)
グッズ内容21種類 ※1人用

「転がす」「背負う」「持つ」3WAYキャリーリュック採用 ものすごい防災セットシリーズ

詳細ページへ

On The Exit「MIYABIWORKS(ミヤビワークス)」

地震の発生時にすぐ持ち出せる1日分の防災グッズ

1日分の最低限必要なグッズが一式詰められている、MIYABIWORKS(ミヤビワークス)の「On The Exit」、通称「OTE」の防災グッズです。

コンパクトな背負い型のバッグに1日分の防災グッズが詰め込まれており、総重量約2.5キロと軽いです。

OTEは軽く、また1日分の防災グッズであるため、地震の発生時にすぐ持ち出すに適した防災グッズとしておすすめです。

バッグバッグ(背負い型)
グッズ内容13点 ※1人用

防災のプロが厳選した13点の防災グッズ~OTE (On The Exit)~

詳細ページへ

プレミアムウォーター

地震時の水分補給に適した天然水

人が生命を維持するために必要不可欠となるものは「水」です。

人は全く食事をとることがなくても、睡眠と水を飲むことで約2~3週間は生きることができると言われています。

ただ、1滴も水を飲むことができなければ、約4~5日しか生命を維持することができません。

そのため、プレミアムウォーターの天然水は、「あなたや家族が生きるために備える水」としておすすめします。

なお、プレミアムウォーターの水は厳選した採水地から採水した100%の天然水です。

そして、非加熱処理であることから、天然水本来の口当たりの良さと味を確かめることができます。

水の種類天然水
ボトルの種類使い捨て(7L.12L)
採水地・富士吉田(山梨県)
・富士(静岡県)
・北アルプス(長野県)
・金城(島根県)
・朝来(兵庫県)
・南阿蘇(熊本県)
宅配方式採水工場から直送のワンウェイ方式
賞味期限未開封:約6ヶ月 開封後:約1カ月

プレミアムウォーター

詳細ページへ

Jackeryポータブル電源

停電時や車中泊の電源確保に最適

強い揺れの地震が発生すると、ライフラインが停止して停電する恐れがあります。

このとき、被害状況によっては停電復旧まで3~7日ほどかかることもあるため、電気が使用できない中で生活をしなければいけません。

ただ、持ち運び可能な「Jackeryのポータブル電源」を備えておくと、停電時でも生活に必要な電気を確保することができるようになります。

Jackeryのポータブル電源はスマートフォン・タブレットの充電、ノートパソコン、扇風機、電気毛布、冷蔵庫など、様々な家電製品に使用可能です。

地震発生後において、「停電中も自宅で生活をする」「車中泊で生活する」などを検討されている場合にポータブル電源を備えておくと、生活しやすい環境をつくることができます。

Jackeryのポータブル電源

詳細ページへ

オンリースタイル最強冷え冷えセット

食料品や飲料水を長時間保冷

電源を使用せずに長時間保冷することのできる、「オンリースタイル最強冷え冷えセット」です。

地震の影響により停電が発生すると、冷蔵庫にある食品や飲料水を冷やすことができなくなります。

特に、夏場に停電してしまうと食品はすぐに傷み、無理に食べると食中毒になる可能性が高いです。

こうしたときに、オンリースタイル最強冷え冷えセットを備えておくと、停電の中でも食品や飲料水を保冷することができます。

【オンリースタイル最強冷え冷えセット】

私はかつて阪神・淡路大震災で被災した

なぜ、私がこのようなサイトを立ち上げたのかというと、阪神・淡路大震災で被災した経験があるからです。

当時の私は神戸市からそれほど遠くない地域のアパートに家族で住んでおり、小学生として毎日をのんびり過ごしておりました。

しかし、1995年1月17日の午前5時46分、最大震度7を観測する地震が発生し、6434人の方が亡くなったのです。

なお、私は眠りの中にあり、目が覚めた時には食器棚の下敷きになっていました。

幸い、勉強机が食器棚を支えてくれていたため、親の力を借りて隙間から抜け出すことができたのです。

ただ、完全に倒れていたのであれば、今こうしてサイトを立ち上げてはいなかったでしょう。

なお、阪神・淡路大震災から命を繋ぐことはできましたが、ライフラインの停止、生活物資の不足、住居の半壊などによって生活環境は著しく低下し、非常に苦労したことを覚えています。

そうした経緯や近年地震の発生率の高さを考え、こうして本サイトを運営しています。

当サイトは以下のような人に役立ちます

当サイトでは、地震に備えて何をすればいいのかを知るきっかけになればと考えています。

そのため、以下のような人に当サイトは役立ちます。

  • 地震の備えは何をすればいいのか分からない
  • 地震の備えに関する情報を知りたい
  • どの防災グッズを備えるべきかを判断できない

このような悩みや疑問を、私の体験を踏まえながら解決ができるよう、当サイト内でお伝えしていきます。

日本は世界的にも地震の多い国であり、どの地域に住んでいても影響を受けてしまいます。

そして、地震はいつ、どこで発生するかわかりません。

そのため、地震からあなたや家族を守るために、防災グッズなどの備えをしておくことが重要です。

地震に備えて防災グッズを購入しようとするとき、調べると防災グッズを扱う会社はたくさんあります。

このとき、会社によって防災グッズの中身は異なるので、適当に選ぶと失敗してしまう可能性が高いです。

そのため、優れた防災グッズを扱う会社を選ぶことはもちろんのこと、家族構成や住居に応じた防災グッズを選ぶことが大切です。

ただ、どのような防災グッズを選べばいいのかと悩まれる方は少なくありません。

そこで、以下のページではあなたや家族の助けとなる防災グッズの特徴を解説しているため、それぞれの違いを確認しながら選ぶことができます。

地震に備える防災グッズ情報